ジーニアスアプローチで8週間!手っ取り早く痩せることはできるのかを検証

シェアする

最近自分の周りでおきた様々な出来事を言い訳にし、食事管理をおざなりにした結果、身体をふっくらさせてしまった事を反省します!(有吉反省会風)

正月あけからうすうす気付いてはいましたが、体重が増加しないことをいいことに、間食の習慣をつけてしまった私。

今年の目標は体脂肪20%を切ることだったのに、減量どころか増量しています。

あぁこのままじゃダメ!もう一度マクロ管理法を徹底的に勉強しよう!と思いDIET GENIUSを訪問すると「8週間チャレンジ」という確実に痩せる方法を発見しました。

もうね言い訳なんてしてられない。

だって体型が変化してきちゃってるんだもん。

ということで、ジーニアスアプローチを8週間試し、手っ取り早く簡単に痩せることが出来るのかを実践してみたいと思います。

スポンサーリンク




ジーニアスアプローチとは?

えっ?なになに?

ジーニアスアプローチ?

8週間チャレンジ?

なんなのそれ?

と疑問に思った方も多いと思うので「ジーニアスアプローチ」「8週間チャレンジ」について説明します。

筋トレ社長ことtestosteroneさんが代表を務める「DIET GENIUSが」提供する究極のダイエットプログラム。

その名も「8週間チャレンジ」です。

そして8週間チャレンジ中の食事管理方法を「ジーニアスアプローチ」といいます。

わかりましたか~?

  • ダイエットプログラム=8週間チャレンジ
  • 8週間チャレンジ中の食事=ジーニアスアプローチ

8週間チャレンジの目的は、世の中に蔓延している間違ったダイエットを正し、健康的で効果的なダイエットを日本に定着させ、日本を健康にすることです。

私もよく感じるのですが、太った人ほど嘘の情報に振り回されてるような気がします。

というより、自分に不都合な情報をわざと遮断してるのでは?と思ってしまいます。

確実にボディメイクしながら痩せる方法があるのですが、その方法を見てみないふりしたり、何度教えても、間違ったダイエット方法を信じて、そこに自己流も加え、ますます太ってる人とかいます。

この心理は「楽して痩せたい」から。

でもね、この8週間チャレンジだって「楽して痩せる」方法なんですよ!

だってジーニアスアプローチって、知識が無くても考える力がなくても、リストから食べたいものを選ぶだけで減量メニューが作れるシステムなんです。

それもスーパー糖質制限のように、米食べれないとかトマト食べれないとかで、もう何食べればいいの!?ってこともない。

玄米OK・パスタOK・かぼちゃOK・ライ麦パンOK・ポン酢OK・みりんOK(量の制限はもちろんある)

食べちゃダメなものはビール、お菓子、ジュース、マヨネーズなど、普通に考えてダイエット中に我慢しなきゃダメなものだけです。

簡単でしょう!まさに「楽して痩せる」食事管理法、それがジーニアスアプローチなのです。

なぜマクロ管理法ではなくジーニアスアプローチでダイエットしようと思ったか?

実はお恥ずかしい話ですが、最近の私、全く食事管理できていません(きゃー)

マクロ管理法を基本とする食事メニューはもう生活の一部になっているので、苦しくありませんし今でも実行できています。

でもね、食べてはいけないアイスクリーム(2つとか平気で食べる)やビール(1L位平気で飲む)をたしなむ習慣をつけてしまったのです。

そして、その悪しき生活習慣を全く改めることができずにいます(恥)

加えて、PFCをどれくらい摂取しているのか把握するためのアプリ記録も面倒で付けていないという体たらくぶり。

しかしながら、運動は続けているので、体型や体重に変化はありませんでした。

まぁ維持できているからいいや、という甘えもあったのだと思います。

それが先日、愛犬の具合が悪かったので1週間ほどジムをお休みしていたら、目に見えて体型に丸みが出てきました。

実際は1週間で脂肪が増えるとは考えづらく、悪しき生活習慣により体型が変わるタイミングと運動をしない1週間が重なっただけでしょう。

しかしながらこの悪しき生活習慣をそのまま続けていれば太ること確実です。

あぁーーー!

もう一回徹底的に勉強しよう!とDIET GENIUSを訪問した私の目に入ってきたのは

Testosterone監修、減量のための食事とトレーニングの指導プランです。8週間続けることができれば確実に効果があります。

という魅力的な文字列

8週間続ければ確実に痩せるですってぇ?

ジーニアスアプローチは、特別な知識など必要なく、リストから食べたいものを選ぶだけという簡単で手軽な方法です。

マクロ管理法はアプリを使うと必ず結果が出せる!PFC値を簡単に管理する方法という記事でご紹介しています通り、マクロ管理法はアプリを使うと管理が簡単で結果も出ます。

マクロ管理法は結果が出ることはわかっているのに、アプリに記録することすらも手間だと感じている怠惰な私。

そんな私でも、ジーニアスアプローチだったら簡単に取り組むことができます。

それも「8週間」という期限があることで、ゴール地点がわかりやすいですし、プログラム通りに実行すれば確実にやせるのです。

信じて進めばいいだけだから楽!というのがマクロ管理法ではなくジーニアスアプローチでダイエットしようとする理由です。

しかしながらDIETGENIUSには下記のような注意書きもあります。

ジーニアスアプローチは手っ取り早く痩せたい!難しい計算はしたくない!という方に向けられて作られた食事プランナーです。
ですので、短期間で大幅に体重が落ちるようにかなりカロリーを低く設定してあります。

2ヶ月間で大至急痩せたい!という方にはお勧めですが、そうでない場合は「最強の食べ方」の実践をお勧めします。
より体への負担を減らし、健康的で維持もし易い食事法となります。

(引用:DIETGENIUSより)

つまり、手っ取り早く痩せることはできるけど、手っ取り早く痩せる必要のない人は、マクロ管理法を実践したほうがいいですよ。ということです。

減量メニューの作成方法と食事の注意点

前置きが長くなりました。

それでは減量メニューの作成方法をご紹介します。

DIETGENIUSの8週間チャレンジのページに行くと、男女別に【朝食・完食・昼食・完食・夕食】に摂取する栄養素を選択する画面があります。

上記画面にちょうど表示されているので、女性の朝食を例に見てみましょう。

【パターン1】たんぱく質1単位+脂質1単位+炭水化物1単位+野菜1単位

【パターン2】たんぱく質・脂質を同時に満たす1単位+炭水化物1単位+野菜1単位

このどちらかのパターンを選択し食事をします。

それでは、このたんぱく質や脂質は何を食べればいいのさ、ってことなのですが、ジーニアス・アプローチという食品リストがあるのでここから選択します。

リストにあるたんぱく質1★(単位)の具体的なメニューは下記の通り。

簡単でしょ~♥自分が食べたいな~ってものを選ぶだけでいいのです!

あと、絶対に注意書きには目を通し守ることが重要です。

注意書きを簡単にまとめようかとも思ったのですが、きちんと伝わらなければ意味がないので引用します。

  • 代謝の向上、食欲コントロール、筋肉の分解を防ぐ為毎3-4時間おきに食べる事。
  • 一番大切なのは一日の総カロリーであり、食べる順番が変わっても構わないが、なるべく例に従う事。すなわち、朝→夜にかけて炭水化物摂取量が減る事が理想である。
  • ジーニアスアプローチのプラン以上に食べる事は無論NGだが、食事を減らすのもNGである。筋肉量を保ち脂肪を燃焼するのに必要最低限な栄養素を考えて作成したプランなので、食べる量を減らせば、逆効果になる上にリバウンドのリスクも高まります。
  • 低脂肪牛乳、豆乳、ヨーグルト、サラダチキン、ツナ缶、するめ、ビーフジャーキー、ナッツ等手軽に携帯ができ食べられるスナックを常にカバンに常備して置く事。
  • 野菜を食べる量の指定はありませんが、野菜リストの中からバランスよく選択し摂取して下さい。ビタミン・ミネラルが不足していると体脂肪の燃焼が困難になります。

(引用:DIETGENIUSより)

なるべく1日5食を摂取したほうがいいですし、1日の総カロリーが重要で、食べる順番などはゆるくても大丈夫そうですね。

1日の総単位を守ることも重要です。

間食も常備しなければなりません。

野菜は種類を多くし制限なく食べてもいいということです。

決まりごともキツくはないですし、取り組みやすい食事管理方法でしょ!

このジーニアスアプローチを8週間実践すると確実に痩せるんですよ!やるしかないでしょう!

減量時の具体的なメニュー例

リストとか見てみたけど、全然メニューが浮かばないんですけど…という方もいらっしゃるかもしれないので、具体的なメニュー例を何個か提案したいと思います。

女性・朝食のメニュー

種目 摂取量
たんぱく質 1:
脂質 1:
たんぱく質+脂質
このリストから一品選ぶ場合、上記のタンパク質・脂質は摂取する必要なし
1:
炭水化物 1:
野菜 1:

例1)ブロッコリー100g・ゆでたまご1個・納豆1パック・玄米100g

例2)ブロッコリー100g・鮭100g・玄米100g

例3)トマト1個・カッテージチーズ50g・鶏むね50g・オリーブオイル大1・ライ麦パン1枚

女性・昼食のメニュー

種目 摂取量
たんぱく質 1:
脂質 1:
たんぱく質+脂質
このリストから一品選ぶ場合、上記のタンパク質・脂質は摂取する必要なし
1:
炭水化物 0.5:
野菜 1:

例1)野菜スープ・野菜サラダ・かぼちゃ75g・豚肩ロース100g

例2)パスタ50g(朝の炭水化物から半分もらう)・オリーブオイル大1・トマト・ツナ50g・カッテージチーズ50g

女性・夕食のメニュー

種目 摂取量
たんぱく質 1:
脂質 0.5:
たんぱく質+脂質
このリストから一品選ぶ場合、上記のタンパク質・脂質は摂取する必要なし
1:
炭水化物 0
野菜 1:

例1)サラダ・きのこ汁・刻みめかぶ・マグロ刺し身100g

例2)サラダ・コンソメスープ(野菜適当に)・鶏むね100g

実践してみての経過報告

これから8週間、毎日のメニューはジーニアスアプローチのカテゴリーから一覧で見れます。

【カテゴリー】ジーニアスアプローチ食事メニュー記事一覧

今現在はインスタグラムで食事メニューの紹介をしています → chism_chi_i_meshi

本来は必要ないのですが、マクロ管理法とジーニアスアプローチと比較検証するためにPFC値も計算していますので、マクロ管理法を実践している方でも参考になると思います。

私がアイスの誘惑に負けていないか時々チェックしてみて下さい(笑)

まとめ

私の食事はマクロ管理法に沿って食べているのですが、いつの間にかだらしなくなり、記録を取ることをしないので食べたい量をただ食べていました。

そのうえ、絶対に食べちゃいけないアイスや、むくみの原因であるビールを飲む生活を習慣としてしまいました。

ジーニアスアプローチをやってみるまでは、本当に減量なんてできるのか?と不安もありましたが、簡単に取り組むことができるので、確実に実行することができています。

減量をしている時の自分は、頭も冴えますし、自分で自分を管理できているということは自信にも繋がります。

でも難しいことなんて何もしていません。

楽して痩せたい人こそ「ジーニアスアプローチ」を選択し、8週間だけやってみませんか?

私もどれくらい痩せるのか今から楽しみにしてます!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク



◆ランキングに参加してます◆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ