筋トレはキツいからこそ気持ちいい!寝起きの筋肉痛で快感の余韻を味わおう

シェアする




ここ数年の私は、年末年始に体調を崩すのが毎年恒例だったのですが、筋トレにピラティス、ダイエットのための食事管理が功を奏し、今年の年末年始は私の免疫が勝利しました。

しかし、今年に入り1月中旬になると「風邪と私の免疫」が何度も戦い、とうとう先週生理が来たことにより私の免疫が負けてしまったのです。

女性の方ならわかると思うのですが生理の時って免疫が落ちるんですよね。

その結果、軽い風邪からのウィルス性胃腸炎になり、トレーニングを10日も休んでしまいました。

胃腸炎が治った今でも、食事の後は腹痛がおこったり、愛犬の体調がかんばしくないということも重なり、何となくジムに行くのがおっくうになってしまいました。

しかし暗い気持ちも、何となくダルい身体も、筋トレしたら良くなるかも!と気持ちを切りかえてジムにて筋トレをした結果!

超絶気持ちいいーーーー!

って叫びたいほど、スッキリサッパリしたのです。

自分の限界と戦い、手応えを感じ、朝目覚めると意識した箇所が筋肉痛になっている幸せ…

またこの快感を感じる事ができるなんて…生きてるって幸せ❤

はぁ。なぜみんな筋トレしないのか不思議でなりません。

今日は筋トレが私にもたらす「気持ちよさ」についてただひたすら語ってみようと思います。

スポンサーリンク







筋トレはきついからこそ気持ちいい!

よく「筋肉は裏切らない」という言葉を聞くと思うのですが(えっ?聞かない?)フリーウェイトトレーニングをして初めて感じることができる言葉です。

そしてフリーウェイトトレーニングをし始めると、今までただ単にノルマのように回数をこなしてきたマシントレーニングも筋肉を意識することを覚えるので、効果の差は歴然となります。

結果、筋肉は裏切らないと思える効果が身体に現れます。

今までは嫌な気持ちを表す言葉だった「キツイ・痛い・ツライ」が全て頑張った証としての言葉に変化します。

ひぃぃぃ~~このジャンピングランジは11回からがきつーい!

腹筋が切れそうで痛ーい!

足がガクガクして自分を支えるのがツラーイ!

はい!これ全部気持ちよくて間違いなく幸せ感じる瞬間!

逆にキツくない筋トレをした時(手応えを全く感じることができなかったトレーニング)は、時間を無駄にしたような気になります。

いや、確実に時間を無駄にしているだけです。

「筋トレってキツくないの?」私、この質問よくされます。ジムに通う以前の私は「運動はキツくてしたくない」と思う人間でした。

キツイ・痛い・ツライは心に黒い闇をもたらす悪いことだと思っていたのです。

しかし筋トレにおいてキツイ・痛い・ツライは頑張った証であり、限界を超えたものだけが感じることができる快感。つまりは気持ちよさなのです。

ジムでも、マシンを使ってただ回数をこなしている人けっこう見ます。何となく指導されたまま筋トレしています。

体型に変化もみられず、何のために10回を3セット繰り返しているのか…私は3セット繰り返す人形か…となって飽きちゃいます。

つまり、ただ回数をこなしているだけで気持ちよさを経験出来ない方は筋トレが習慣化せずに脱落していきます。

だからこそキツイ筋トレにチャレンジし、限界を超えた感覚を味わい、気持ちいいーーー!状態になって欲しい…せっかく筋トレしてるのなら、この快感を味わわなければ損してる!

運動が大嫌いな私が筋トレを習慣化するまで

今では習慣化した私の筋トレですが、ジムに通い始めてすぐに習慣化できたわけではありません。

そもそも私がジムに通おう!と一念発起したのは、食事制限とリバウンドを繰り返す生活に疲れたのと、何度もリバウンドするうちに痩せづらい身体になったからです。

運動が嫌いな私がジムに通うということは私の中で「年貢の納め時」でありました。

アラフォーになりデブを続けていれば女性男性の見分けがつかない「おじおばさん」になってしまいます。

私ってサバサバしてるから男前女子だよね~なんてキレイな女性が言うから男前女子でいられるのであって、歯に衣着せぬ物言いをするデブなアラフォー女性は、はたから見たら毒舌な「おじおばさん」でしかありません。

私が思い憧れる男前女子は「米倉涼子サン」なのに、鏡にうつる私はだらしないおばさん体型…

この現実を打開するために、大嫌いな運動をすることにしたのです。

最初の3ヶ月はツラくてキツかったです。はっきり言って楽しさを見いだせない。

やはり運動はキツイしツライ。

逃げ出したい。

こんなに重いものは持てない。

回数をずるしてやろう。

息が上がって苦しいから30分のところ、20分でやめてしまおう。

今では筋トレ超絶気持ちいいーーー!と叫んでいる私でも、このような時期があったのです。

ではこの時期を乗り越え、筋トレを習慣化し、限界を超えたいと常に望むようになったのは何がきっかけだったのでしょうか?

そのきっかけというのが、明らかな体型の変化です。

体重にすると3キロも減っていないのですが、誰に会っても「痩せたね」と言われるようになりました。

しかし、ここからまた壁にぶつかります。マシントレーニングだけでは「痩せたね」と言われる程度までしか痩せることができません。

痩せたと言われる私の身体は、実際に脱ぐと下腹ぽこで背中には肉、お尻は四角いまま。全体的に小さくなっているけど、結果にコミットした!と自信を持っていうには程遠い体型でした。

そこで目標を「痩せたい」から「ボディメイクしたい」に変更しフリーウェイトトレーニングを中心とした筋トレメニューをこなすうちに、筋トレが気持ちいい!日々の筋肉痛が幸せ!という状態になり、週3で筋トレをしなければ気持ち悪い状態になったのです。

私達がおこしている行動全て、快感を伴うと「また味わいたい」って思いますでしょ。

パチンコとか食べることとか性行為とか。

逆に言うと、快感を感じることができれば習慣化は難しくはないということです。

うちの旦那はパチンコ中毒な人間なのですが、◯◯中毒の方は筋トレするとハマると思います。

私は医者でも研究者でもないのではっきりしたことは言えませんが、パチンコも筋トレも経験者なのでわかります。

だってよく考えてみてください。筋トレってツラくない?ってよくいわれますが、パチンコだってツラくない?でしょ。

煙草の煙が充満していて、店内に入ったら確実に全身たばこ臭くなるし、狭くて小さい椅子にずっと座って同じ体勢だし、びっくりするほどうるさい音してるし、昔ほど勝てないし、パチンコ続ける理由ってある?って感じです。

◯◯中毒で悩んでいる方いれば、キツイ筋トレを習慣化するのも難しくないと思うので、ぜひ筋トレで気持ちいいーーーを体験して欲しいです。次の日の筋肉痛は1日笑顔にしてくれますよ。

筋トレで限界突破するための秘密兵器

私は普通のジムに通っているのですが、筋トレのトレーナーさんがつきっきりで指導してくれてました。いわゆるパーソナルトレーニングしてもらってました。

ました。というのが、そのトレーナーさんが退職されたことで普通のジムに戻ったのです。

1人で筋トレをするようになり「限界を超えた!」とおもえるほどのトレーニングが出来なくなってしまいました。

そのうえ、デッドリフトで手にはマメができ始め、ラットプルダウンでは握力不足で満足に力を発揮できないという最悪な状態に…

そうなると、効果がないトレーニングのために無駄な時間を使っている気になってきました。

しかし、パーソナルトレーニングジムに通うお金もありません。

そこで握力不足を補う秘密兵器を誕生日プレゼントしてもらい試してみました!

その商品がこちら!

私はカモフラ柄ですが(買った当時はそれしか柄がなかった)今はピンクもあるよ。女子はピンクを選んだほうがいい!

サイズはXS。手首の太さって、デブかどうかは関係ないと思うので全ての女性はXSを選べばいいと思います。

これ手が滑る心配が全く無くなりますし、手首も固定されます。何より握力が無くてもバーをしっかりホールドしてくれる優れものです!

不思議なことに握力の心配が無くなるとフォームも安定します。

握力の事を忘れると、どこの筋肉が作用しているかに集中することができますし、限界を超えた!という満足感も確実に味わうことができます。

ただ、装着している姿はかなりイカツイので「わっ!この人本気!」と思われる事は確実です。

筋トレ愛を語っていても、所詮は趣味の筋トレです。大会に出るわけでもないので、びっくりするほどの重量を上げてるわけでもありませんから、装着するには勇気がいります。

そりゃぁ見る人がみれば「そんな重量でそれ装着しちゃう?」って思っている人もいるかもしれません。しっかーし!人の目は気にしない!自分が満足できればそれで良いのです!

実際に装着することで重量UPも可能です。何をためらうことがある!ってなもんです。

限界を超えた所に快感が生まれるのです!快感を味わうためにも自分のためになることは全てしてみましょう。

そして次の日の朝、限界を超えた証である筋肉痛を感じて1人笑えればそれでいいじゃないですか。

パワーグリップについては別記事で詳しく説明してます

健全な快感を味わうために

「筋繊維の産声」…私、子どもは産んでないけど筋繊維は産みだしているようですw

筋トレ、筋肉痛、快感、気持ちいいをキーボードで打ち続け、もはやエロと筋トレは何ら変わりないのでは?と思い始めています。

子どもを産む、筋繊維を産む。やはりエロと筋トレは通じるものがありますよね(あるのか?)

41歳をむかえ、エロとは程遠い生活になりました私でも、筋トレにはまってしまうほど筋トレとは魅力的なもので快感を得られる気持ちいいものであります。

筋トレを頑張った次の日には筋肉痛という余韻を楽しむこともできるのです!

1人で快感を得られる行為(←文字にすると表現がエロくなるw)それが筋トレ。

そして筋肉は裏切りませんから、素敵な体型も約束されます。

若い方であれば、筋トレでGETした素敵な肉体をエロに活用できるかもしれませんしね。

筋トレで気持ちいい!筋肉痛も気持ちいい!素敵な肉体でGETした彼女(彼氏)と気持ちいい!に発展できればいうことありませんw

さぁ!みんな筋トレして気持ちいいーーと叫んでしまうほどの快感を味わいましょう!

スポンサーリンク













シェアする

フォローする

スポンサーリンク



◆ランキングに参加してます◆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ