スポンサーリンク

年末調整の書き方|計算が必要ない便利ツールをご紹介

今年も残すところ1ヶ月ちょっと。

年末の準備を着々と進める時期になりました。

会社員であれば年末調整の手続きをするため、会社から「給与所得者の保険料控除申告書」などの用紙が渡されたのではないでしょうか。

これ、毎年記入するのに、計算方法が複雑でついつい後回しにしたくなる書類ですよね。

これ、わざわざ計算しなくても、控除証明書の金額を打ち込むだけでOKな便利ツールがあるって知ってましたか?

ということで、今回は「給与所得者の保険料控除申告書」を自分で計算する必要がない便利ツールをご紹介します。

スポンサーリンク

■生命保険料控除額計算サポートツールで楽々

こちらのツールは、給与所得者の保険料控除申告書に手書きで直接記入する方向けの方法です。EXCELデータをダウンロードして直接打ち込みしたい方は次の章へどうぞ

まずは生命保険料控除額計算サポートツールと検索してみましょう。

生命保険料控除額計算サポートツール
検索

見ていただくとわかるのですが、大手保険会社さんがサポートツールを用意してくれています。

画面のとおりに、言われたとおりに入力していくと年末調整の紙に書く数字を勝手に計算して出してくれます。

第一生命さんのサイトだと第一生命の保険料控除証明書を例に入力方法を教えてくれるので、自分の生命保険会社さんのサイトのサポートツールを使うと、自分の持っている控除証明書を例に入力できるはずです。

 

新・旧・一般・介護・年金などの金額をそれぞれ入力し計算ボタンを押すと

 

なんていうことでしょ~。

年末調整の用紙のどこにどんな数字を書けばいいのかを教えてくれますよ~。

出てきた数字を用紙の各所に記入するだけです。簡単でしょ!

■エクセルファイルをダウンロードして直接打ち込みする方法

こちらのサイトで年末調整の紙をエクセルで作ったものをダウンロード出来ます。ちなみに数式付きです。

平成30年分 給与所得者の保険料控除申告書(数式付き)

平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書(数式付き) 

ダウンロードしたEXCELは「名前をつけて保存」しそちらを使用しましょう。

というかこんなの無料で配布してくれるなんて神なんでしょうか…すごい方もいるものです。

PC環境が整っている方であれば、手書きよりもエクセルファイルの方が見た目もいいかと思います。

■年末調整の紙ってどこでもらえるの?

 

年末調整の紙ですが、自分が勤める会社で配布してくれますよ。

私は手書きが得意じゃないの!PDFに直接入力したいわ!って方は

こちらからダウンロード出来ます。

平成30年分 給与所得者の保険料控除申告書 

平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書

平成31年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

※国税庁のページへとびます

そしてここまで色んな事をご紹介してきたのに、実は自分が全て記入し終わってから発見するという悲しい事実…

いいのです、誰かのお役に立てれば本望でございます。

コメント