スポンサーリンク

痩せたいのに食べ過ぎる私を何とかしてー!と絶叫する女子が速攻やめるべきこと

痩せたいと思っているのについつい食べ過ぎてしまう。

食べちゃだめだってわかってるけど、頭の中が食べ物で支配される。

そんな経験ありませんか?

あるある~

私なんかは、生理前後の周期で食べたい衝動に襲われ、痩せたいって思っていても1ヶ月の半分はホルモンバランスに支配される食欲

 

何なのー!

痩せたいのに食べ過ぎる自分を何とかしてー!

 

って思っていました。

何を隠そうこの私、半年前までアイスクリームに頭の中を支配されていたのです。

それが最近では、その支配からの卒業を宣言できるまでになりました。

アイスの支配から卒業できたのは、あることをやめた事が大きな要因になっていると思います。

ということで今回の記事は

痩せたいのに食べ過ぎる私を何とかしてー!

絶叫する女子が速攻やめるべきことについてお話します。

スポンサーリンク

人はなぜ食べ過ぎてしまうのか?

食べ過ぎ女子がやめるべき事を語る前に、人はなぜ食べ過ぎてしまうのか?という事を考えてみましょう。

その答えは簡単です。

食べたいものを我慢するから「食べ過ぎ」という反動が生まれるのです。

そもそも、低カロリーのものを吐くほど食べ過ぎたとしても太りません。

ですから低カロリーのものを、食べ過ぎた!と後悔する必要はぜ~んぜんありません。

でもね、人間のカラダは飢餓に敏感です。

食べるもののカロリーを単純に減らしたとしましょう。

その摂取カロリーはカラダが最低限必要とするカロリーに満たなければ、カラダは生命を維持させるために省エネモードに変化します。

これが低カロリーな食事を続けても突然体重が減らなくなる原因です

省エネモードになったカラダが体重を減少させるとき、それは死を意味します。

カラダは死なないようにあの手この手であなたの理性に攻撃をし始めます。

その一つが、脳が見せる「脂肪と糖」で作られた美味しそうな残像です。

ただのダイエットなのに、カラダは死ぬかもしれない恐怖を感じているのです。

そんなカラダの自己防衛本能に、理性が勝てるわけがないのです。

そしてカラダの攻撃に理性が負けたとき、太る原因となる「脂肪と糖」でできたものを、思いっきり食べ過ぎてしまう。

というわけです。

食欲を我慢することは無駄な努力だと認識しよう

カラダは生命を維持することだけに重きを置いています。

ですから太る方にベクトルが向いてもそれには我関せずです。

カラダはとてもいじわるなやつなんです。

ちょっとダイエットして1ヶ月の間に「現在の体重の5%」を超えて痩せると、勝手に省エネモードになってしまうカラダ…

そして、頑張ってダイエットに励むあなたに美味しそうな残像を見せるのです。

今の所、この対決であなたに勝ち目は全くありません。

言ってしまえば、食欲を我慢すること自体「無駄な努力」だということです。

えぇ~カラダに勝てない私は

食べ過ぎ女子のままなの!?

 

わたし
わたし

大丈夫だよ!

アイスの支配から卒業した私が食べ過ぎ防止法を教えるよ!

食べ過ぎ女子が速攻やめるべきこと

ここまで書いてきたので、食べ過ぎ女子が速攻やめるべきことが何なのかわかった人もいるのではないでしょうか?

食べ過ぎ女子が速攻やめるべきこと、それは「我慢」です!

えぇ~ダイエットに我慢は必要でしょ?

わたし
わたし

ダイエットに我慢は必要ありません!

そもそも食べ過ぎる原因として考えられることは次の3つです。

  1. 食べたいものを我慢することによる反動
  2. 我慢する期間が見えない(ゴールが見えない)不安
  3. カラダの自己防衛本能に理性が勝てなくなる

ですから、この3つが解消できれば、我慢など必要なく、カラダとの戦いに勝つことができます。

わかりやすく、食べ過ぎ女子の考えと行動を一連の流れにしてみましょう。

  1. 鏡に映る自分が1.5倍になったので意を決して体重計に乗る
  2. 見事に人生最高値となる数値を叩き出す
  3. これはヤバイと2ヶ月くらいで5キロくらいのダイエットを決意する
  4. とりあえず、間食を止めて野菜中心の食事制限をしてみる
  5. なんか若い時ほど簡単に体重落ちない
  6. 1ヶ月で2キロも減らないスローペースに我慢とストレスがMAX
  7. タガが外れる

たぶんこのような過程を経て、ダイエットに挫折し、また1に戻るというぐるぐるを経験していると思います。

この一連の流れには3つの我慢が倍々になって襲ってくる仕組みになっています。

  1. 2ヶ月我慢
  2. 5キロ痩せるまで我慢
  3. 食べたいものを我慢

2ヶ月、もしくは5キロ痩せるまで、食べたいものを我慢できるのか?

我慢は2ヶ月限定だと考えていたけど、思うように体重は落ちないから、5キロ痩せるまで我慢は続く。

日々の我慢はとても辛いのに、期限が無いのでゴールは全く見えない。

そうなると、食欲はどんどんふくらみ、脳内が「脂肪と糖」で作られたものの残像で支配され始めます。

食欲というのは人間の三大欲求ですからあらがうことは難しいわけです。

我慢することの積み重ねが、食べ過ぎにつながるのであれば、痩せるための我慢は無駄な努力ですよね。

これで食べ過ぎ女子が速攻やめるべきことが「我慢」だということがお分かりいただけたと思います。

ではここからは、3つの我慢をやめて食べ過ぎを防ぐ具体的方法についてご紹介します。

次にご紹介する我慢しない食べ方を実践すると、90%の割合でカラダとの戦いに勝つ可能性が見えてきますよ!

食べ過ぎ女子が実践すべき食事法

食べ過ぎ女子が実践すべき食事法それは「マクロ管理法」という食事管理法です。

マクロ管理法の具体的な方法は後ほど詳しく説明するとして、なぜこの食事管理方法が食べ過ぎ女子に適した食事管理方法なのかについて説明しましょう。

数字さえ守られていれば何を食べても大丈夫

マクロ管理法は、4つの数字を守る食事管理法です。

その4つとは、カロリー・タンパク質・脂質・炭水化物です。

これら4つの目標摂取量に近い数値になるように考えて食事をします。

例えば私の目標値を見てみましょう。

カロリー1,378カロリー・タンパク質103g・脂質38g・炭水化物155gです。

この数値に近づけるのです。

少なすぎてもいけませんし、多すぎてもいけません。

5%は誤差の範囲内という感じで数値を近づけます。

具体的に何を食べればどれくらいの数値になるのか実感がわかないと思います。

ただ言えることは、この目標値の範囲内であればケーキもビールもラーメンも食べてOKだと言うことなんです!

カラダに必要な栄養素を与えることで省エネモードにしない

毎日何も考えず好きなものを好きなだけ食べると、1日の摂取カロリーは2,500カロリーくらいにはなるでしょうか。

それをいきなり〇〇だけ食べるダイエット!なんてしてみなさい!

栄養素は偏りますし、1,000カロリー未満を1週間も続けたら、カラダは飢餓状態になったと認識します。

いや冗談ではなく、カラダは実際に飢饉に備え、死なないように省エネモードにチェンジします。

ですから、カラダを省エネモードにチェンジさせない工夫が必要なのです。

その工夫というのが、カロリーは低く、栄養素はたっぷり入れてあげる方法です。

実は、タンパク質・脂質・炭水化物は人間に必要な三大栄養素です。

マクロ管理法という食事管理方法は、カロリーは低く設定しつつも、栄養素は十分にカラダに与える方法なのです。

栄養素を十分に与えられたカラダは、カロリーが低い食事を続けたとしても、飢餓状態だと認識しません。

だって栄養素は十分与えられていますし、生命をきちんと維持できるのですから、省エネモードにチェンジする必要もないのです。

話は逸れてしまいますが、マクロ管理法はダイエット女子にはすごく適した食事管理法です

ダイエットって目標体重まで減量に成功したとしても代償があるじゃないですか。

例えば…皮膚が萎んだような感じに見える…とか

脂肪が燃えずに筋肉だけが落ちた…などの、結果体重は減ったけど、健康的に痩せたとは全く見えないというもの。

あれがありません。

タンパク質を目標値どおり摂取すると、お肌は今までよりピカピカな状態になるはずです!

結構な量は食べることになるので我慢は必要ない

実際に食べて計算してみるとわかるのですが、必要な栄養素を十分に摂取しようと意識した食事は量が多くなります。

カラダも必要な栄養素が入ってくるので、満腹サインを早めに出すようになります。

下のインスタは私が毎日食べている食事の写真を更新しています。

見ていただくとわかりますが、沢山たべています。

まぁ調子に乗った時はカロリーオーバーするときなんかもあります。

マクロ管理法は食事量を減らすという我慢とは無縁の食事管理法なのです。

実践できそうな気がしてきたでしょう!

ダイエットを一生続ける事は簡単

マクロ管理法を続けていると、我慢が必要なく、減量もスムーズに進むので、苦痛を感じることがありません。

そして4つの数値を意識しながら食事をすることが当たり前になってきます。

マクロ管理法による食事を続けること、それは正にダイエットを一生続けていることになるのです。

ダイエットは期間や目標値を決め、ゴールに向かって我慢をするから辛いですし、リバウンドしてしまいます。

正しい食事管理方法を身につけるだけで、この苦しいダイエットとは無縁になるのです。

あーーー食べ過ぎを何とかしてくれ~と叫ぶ必要がなくなるのです。

すごくないですか?

マクロ管理法の具体的な方法は、こちらの記事で紹介しています。

「祭り」の日があなたを救う

どんなに我慢が必要ない食事管理法だと言っても、月に1回くらいは

ピザピザピザピザピザピザ

と念じたいと思う日もあるでしょう。

いいのです。

月に1回、食べたいものを食べたくらいで、あなたの日々の努力が無駄になることはありません。

逆に、リバウンドなくマクロ管理法を一生続けることを考えれば、この月に1回の食事はあなたを救う日になると思いませんか?

私は月に1回のこの日を「祭り」と命名し、思いっきり食べることにしています。

思いつきで制定した「祭り」ですが、マクロ管理法にメリハリがつきましたし、我慢とは無縁になりましたね。

ぜひ、マクロ管理法を長く続けるためにも、祭りの制定をオススメします。

食べ過ぎ女子が速攻やめるべきことまとめ

食べ過ぎ女子が速攻やめるべきこと、それは「我慢」です。

今回の記事はダイエットにおける「我慢」を究極に減らすことで、食べ過ぎの反動を無くそう!という内容になっています。

我慢をするからダイエットは挫折するし、いっとき成功したとしても必ずリバウンドします。

食べ過ぎ女子が我慢を捨て何をすべきなのか、まとめてみましょう。

  • マクロ管理法という食事管理法を用いて食事をする
  • マクロ管理法は我慢が圧倒的に少ない食事方法
  • 三大栄養素がカラダに十分入ることで、ダイエットで萎むことはない
  • 4つの数値を守れば、ケーキ、ラーメン、ビールも食べてよし
  • マクロ管理法は一生続けることができるダイエット法
  • 月に1回は好きなものを食べてもいい日を制定するのもよし

さぁこれであなたも、痩せたいのに食べ過ぎる自分と決別する時が来ましたね!

お肌がピカピカの状態を保ち、減量する喜びをぜひ味わって見てください。

コメント