スポンサーリンク

仕事で大きなミスをしてしまった!死にたい気持ちを切り替え失敗をプラスにする方法

仕事で大きなミスをしてしまいました。私のミスのせいで、この案件に関わった人達の苦労を無しにしてしまいました。

はっきり言って久々に「死にたい」と思っています。死んでお詫びしたい気持ちです。

心のざわつきがずっと長引きそうなので、このブログで自分への後悔を吐き出そうと思ったのですが、後悔したってしょうがない、この失敗を絶対に繰り返してはいけない!という気持ちになってきました。

このブログで懺悔をしつつ、絶対に繰り返さないという誓いと、この度の仕事のミスについて真剣に向き合いたいと思います。

スポンサーリンク

■この度の仕事のミスの内容

 

今回私がやらかしてしまったミスの内容を説明させてください。

年末にとても大きな案件が入ってきました。その案件は普段の手続きでは必要のない「ある書類」を添付しなければならないのですが、すっかり添付する事自体を忘れてしまい、私たちは書類不備により落とされてしまったのです。

まーーーーーったくその書類の存在を忘れてしまっていました。

心の中にどんどん言い訳が湧き出します。

 

  • あーーーー正月休みはさんだら頭から存在無くしてしまった!
  • えーーーー◯◯さんが気付いてたんなら一言声かけて欲しかった!
  • はぁーーーでも△△さんも結構ミスとかしてるし~
  • なんで~?他の案件だと書類が足りませんよって教えてくれるのに今回は教えてくれないの?

 

 

恥ずかしいおはなしですが、一瞬でこれだけの言い訳が私の頭を駆け巡りました。

しかし言い訳なんてできません。関わった人達みんなに謝ります。でも謝ったところで、土俵に上げてもらえるわけではありません。

もうどうにも出来ないのです。覆水盆に返らずなのです。

この規模の案件が今後頻繁に来るとは考えられず、考えれば考えるほど屋上を探したくなります。

それなのに今日は同じ部署で飲み会です。死にたい…殺して欲しいです。

 

そして私は死んでも誰も喜ばないし、解決しないことも知っています。

後悔したって起こってしまったことは元には戻せないのです。

つまり、起こってしまったことをクヨクヨするより、この出来事を次は絶対にミスをしないための布石としなければ私は進歩しないただのダメ人間になります。

そもそも書類を添付する事をなぜ忘れたのでしょうか?原因をかなり掘り下げて見つめ直してみます。

■この度の仕事のミスの原因と対策

この度の仕事のミスの原因をとことんまで掘り下げてみようと思います。一番初めに頭に浮かんだ原因です。

【原因】新年を迎えるにあたり、デスク上を整理する。その際、手続きの手引を必要ないと思い捨ててしまった。

この案件は、まず、参加の意思があることをクライアントにお知らせするシステムです。

案件自体がとても大きいので、参加表明の際に提出する書類も普段より多く、提出作業が終了した時にかなりスッキリしたのは事実です。

また年末で師走の忙しい時にあれもこれもと仕事をこなしていたので、スッキリ感はいつもの倍はあったかと思います。

今では言い訳でしかないのですが、この時私は、「最後に提出しなければならない書類の存在」もスッキリ整理し、その後思い出すことはありませんでした。

ということは…

【掘り下げ】

・最後に提出する書類の存在は手引に書いており、その手引を読んでいるのは同じ部署では私だけだった。

・手引に目を通しているのは私だけなのだから、最後に提出する書類の重要さをもっと意識するべきだった

・最後に提出する書類があることを忘れないように、各所に書いて貼っておくべきだった。

・最後に提出する書類があることを周りにもっと伝えておくべきだった。

つまり、私は自分の事を過信しすぎていたことが原因だったかもしれません。年末の急ぎ足な雰囲気に飲まれてしまったのもあるでしょう。

【今後も同様のミスをしないために】

今回の仕事のミスに関して、本当に反省している私は、案件に関わった皆さんに素直に謝りました。そして今後同様のミスをしないように、みんなで対策を練りました。

まず、手続きの手引は私しか目を通すことがありません。ですから、手引に普段とは違う特別な事項があった場合は部署内にお知らせするとともに、業務フロー図を作成することにしました。

今回は大きな案件だったことで、普通の手続きにプラスして作業が必要でした。そしてその手続はある金額以上の案件では必ず必要になることがわかりました。

ですから、◯円以上の案件にはフロー図が必要なのだと案件に関わるもの全員が意識することにしました。

■仕事のミスを後悔で終わらせず必ず次につなげる決意

今回仕事でミスをしたことは紛れもない、変えることの出来ない事実です。

クヨクヨしても、泣いても、後悔しても、後ろ向きなだけでは「大きなミスをした」という事実だけが残ります。

失敗した私が言うのはおかしいですが、もうこの事実をポジティブな要素につなげなければ意味がありません

ただのこじつけになりますが、私は、いい事も悪い事もすべての事象には意味があると思っています。

なので、今回のミスは今後起きると確定している自殺したい規模のミスを回避するためには必要なミスだと思うようにします。

最近はトレーニングとブログの更新に気を取られ、仕事に集中できていなかった私に、神様が気をつけろと教えてくれたのだと考えることにしました。

私のミスを許してくれた会社の人達に感謝します。

そして絶対に今後はミスしないと誓い、仕事に集中して取り組みたいと思います。

ただの私の反省文にお付き合いいただき、このブログを読んでくれた方々にも感謝します。ありがとう。

コメント